特色印刷

プリントアウトしたものと印刷会社に印刷してもらったものと色が違います。
色校正と言って目視で色を合わせていくこともするのですが限界がありますし安定して毎回同じ色にすることは不可能です。 そういうとき特色印刷と呼ばれる方法を使います。
普通の印刷はCMYKの色の版を4回刷って完成ですが特色印刷はすでに完成した色味ですので環境によって色が変わることはありません。 DICとパントーンがありますがDICで合わせる方が一般的でしょうか。
企業のコーポレートカラーや金や銀やショッキングピンクなどCMYKでは絶対に表現できない色味を出すのにも使います。

アーカイブ