青年会議所の記念誌の表紙

多治見青年会議所様の記念誌の表紙のデザインをさせて頂きました。 今年入会させて頂いたJC。 それまで家から一歩も出ずネットからの仕事だけで暮らしていた私にとって日の光を浴びる覚悟を決めさせてくれたのは間違いなく引っ張り出してくれた人たちがいたから。 案の定焼け焦げて死にそうで、やっぱり引きこもっておればよかったと思わないこともないのですが、世界は涙が出るほど優しい。 あの人にも、あの人にも(×∞)何で私なぞそんなに助けてくれるのかと俯きながら感謝する中で見えてくるものは数知れず。 お礼は日々楽しく暮らす事と、会に出ることだと思っています。 足を引っ張るばかりですが少しでも何かできればと思いながら。

アーカイブ